注目KeyWords:インシュリン

インシュリンは、体内の「糖」の量をコントロールするホルモンです。

糖は脳や体を働かせるエネルギーになる体にとって重要な栄養素。
食べ物を消化吸収して、糖が血中にとりこまれると、インシュリンはその糖がエネルギーとしてつかわれるよう運ぶはたらきがあります。

なのですが、糖が大量に吸収されて、血液中で糖が過剰になると、細胞にどんどん糖が入り込んで、最終的には細胞を破壊してしまうことがあります。

細胞を壊してしまわないように、わたしたちの体にはもともと体内の糖の量をコントロールする機能がそなわっているのですが、そこでその機能の中枢の役割をうけもっているのがインシュリン、というホルモンです。


血液中の糖の量、つまり血糖値があがると、体の細胞に危険がおよばないように血糖値を下げるはたらきをするのです。

具体的には、次のような仕事をしています。

  • ブドウ糖を利用する
  • タンパク質を合成する
  • 中性脂肪を形成、貯蔵する


血中の糖が多ければ多いほど、インシュリンは大量に分泌されて、血液中の糖をグリコーゲンとして肝臓に貯蔵したり内臓脂肪や皮下脂肪として貯蔵するなどして、はやく血糖値を下げようとします。

逆に考えると、インシュリンは、体の細胞を糖爆弾からまもるために存在しているのですが、ガンガン働かれてしまうと、摂った栄養分をどんどん脂肪をためこんで内臓脂肪や皮下脂肪をふやしてしまう可能性もたかくなります。

つまり、ほどほどに働いてくれるのが一番!なホルモンなのです。

インシュリンをたくさん分泌する食材は、ブドウ糖に近い形態の食べ物。
たとえば、たべた瞬間に甘みを感じる白い砂糖、白米など。

噛めば噛むほど甘さがでる玄米やほんのりあまい野菜や果物にはインシュリンがそれほど分泌されないので、体のエネルギーとして使われることになります。

とはいっても、たくさん食べ過ぎれば、血中の糖は増えるので血糖値をおさえるためにインシュリンはその分たくさん分泌されます。


関連臓器

すい臓:インシュリン、グルカゴンを分泌


関連情報

グルカゴン
GI値