心臓

心臓は、血液を全身におくるポンプの役割です。

血液を循環させることで、小腸から吸収した栄養分や肺から吸収した酸素を必要としている臓器に送り届けたり、あたたかい血液で体中をあたためることができているのです。

そんな心臓のエネルギー源は脂肪酸
どんな人でももっている皮下脂肪などに充分蓄積されている中性脂肪を分解して利用するので、もっともストック切れをおこしそうにないところをエネルギーの供給源にしているところはさすがです。