肝臓

肝臓は重要かついそがしい器官で、仕事をたくさんかかえています。

  1. 吸収した栄養素をつかいやすいカタチに変える
  2. エネルギーを貯蔵する
  3. 十二指腸でつかう消化液「胆汁」をつくる
  4. 有害物質を解毒する



1. 吸収した栄養素をつかいやすいカタチに変える

肝臓では、炭水化物、脂質、タンパク質を実際にエネルギーとして使える状態まで分解したり、体の中でつかいやすいようにカタチを変えます。

炭水化物やタンパク質は他の臓器でも分解していますが、脂肪は肝臓がメインでがんばるところです。
霜降りのお肉や乳製品、揚げ物など、脂肪分が多い料理がつづくと肝臓もつかれてしまいます。


2. エネルギーを貯蔵する

エネルギーはグリコーゲンのカタチにして肝臓に貯蔵します。
ごはんを食べる時間がなくて、おなかがペコペコの状態でもなんとかやっていけるのは、肝臓に貯蔵したグリコーゲンを糖にかえてつかっているからです。

たまの緊急事態には肝臓も対応してくれますが、急激な食べないダイエットは肝臓にとって大きな負担になります。


3. 十二指腸でつかう消化液「胆汁」をつくる

肝臓では、脂肪分を分解するための前処理をおこなう胆汁をマイペースで生成しては、胆のうで貯蔵させています。
胆汁が胆のうから十二指腸へおくられると、脂肪を消化させるために水分をなじみやすい状態にします。


4. 有害物質を解毒する

「規定値内なら大丈夫」とされる自然界に存在する毒や食品添加物、などは肝臓で解毒できるから「大丈夫」とされています。
この「規定値」が、健康な肝臓が無理せずふつうに処理できる量なのです。

ちなみにアルコールも体にとっては「毒」です。
うっかりお酒をのみすぎて、肝臓がフル回転して処理できなかった場合は、残念ながら二日酔いということになります。

腸の悪玉菌がつくる「毒」も肝臓で解毒します。
便秘をしたり、お肉や動物性の脂肪がおおい食事をしていると、腸内に悪玉菌がふえて、有害物質が発生します。



関連栄養素

  • ゴマリグナン:肝機能アップ
  • アントシアニン:肝機能アップ
  • クルクミン:胆汁分泌促進